Search

【wordpress 関数】使っているテンプレートの中にあった関数の意味を記載していく

ワードプレスの自作テンプレート構築にあたって、各ページにある関数も学ぶ必要があることがわかってきた。

これまでは、既存テーマをちょこちょこっといじるだけだったので、関数に関しては全然わからない・・・

今になって、学んでいなかったことのしわ寄せがきたw

 

と、いうわけで、こちらに、これから目にする関数を記載していこうと思います。

 

ちょっと思ったこと。

今見ている限りだが、一度、「それ」が「あるか?」「ないか?」の真偽を確認し、

「あった場合 → ○○の処理」「なかった場合 → △△の処理」といったフローが多いように思った。

wp_head()
→ </head>の直前にいれる。
→ 自動でwordpressのメタ情報を追加する。
→ これがないと、プラグインが動かない&テンプレートも動かないことがあるらしい。
→ 中身は、「/wp-includes/default-filters.php」に記載してある。
→ 中身をすっきりさせる際は「functions.php」に記載したほうがよいとのこと。
こちらのサイトが参考になりました。 → http://techmemo.biz/wordpress/wp_head-delete-waste/

is_home()
is_front_page()
→ サイトのトップページが表示されている場合、trueを返す。

is_category()
→ ページがカテゴリーと関連付けられている場合。カテゴリアーカイブページならtrue

is_tag()
→ タグのアーカイブページが表示されている場合。

bloginfo()
→ サイトの情報を表示する。
→ ()内のパラメータの設定により、様々な情報を表示することが可能。
→ パラメータはこちらのURLを参照 → https://wpdocs.osdn.jp/テンプレートタグ/bloginfo

wp_title()
→ <title></title>を生成する
→ 初期値は、投稿、ページタイトルになる
→ パラメータをつけることでセパレータ等も追加することが可能。
→ パラメータについては、こちらを参照 → https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B0/wp_title

body_class()
→ body_class($class)とすると、ワードプレスの設定により、<body>タグに自動でclassが振り分けられる。
→ 振り分けられるclassはこちらを参照 → https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B0/body_class#.E3.83.9A.E3.83.BC.E3.82.B8.E7.A8.AE.E9.A1.9E.E5.88.A5.E5.88.9D.E6.9C.9F.E5.80.A4.E4.B8.80.E8.A6.A7

get_header()
→ header.phpテンプレートの読み込み。

have_posts()
→ 記事があるかチェック(メインループで使う)。

single_post_title()
→ 個別記事ページで、「ループの外」で利用すると、記事のタイトルが表示される。

single_cat_title()
→ カテゴリ、またはタグアーカイブページが表示されている時、カテゴリ名、タグ名を表示する。(「ループの外」にて使う)。

the_post()
→ 特定の投稿の情報を取得(have_postsループの中で使う)

get_template_part()
→ ヘッダー、フッター、サイドバー以外のテンプレートパーツを、選択中のテンプレートへ読み込む。
再利用する時に楽。

get_template_directory_uri()
→ 「有効化」しているテンプレートディレクトリのURLを取得する。
→ (例)<img src=”<?php echo get_template_directory_url(); ?>/○○○.jpg”>

the_title()
→ ループの中で使用する。現在の投稿のタイトルを表示、または返す。
→ ループの外で使う時は、「get_the_title()」を使う。

post_class()
→ <?php post_class(‘kiji’); ?>のように使うと、要素に記事を追加できる
kijiの箇所を変数にしたり、色々な使い方ができそう。

has_post_thumbnail()
→ 投稿にアイキャッチ画像が登録されているかチェック。
→ アイキャッチがついていれば、trueを返す。
the_post_thumbnail()
→ 現在、または、指定したサムネイルを取得する。

the_permalink()
→ ループの中で利用することが可能。
→ ループの中で処理されているパーマリンクのURLを表示する。

the_posts_navigation()
→ 一覧ページに、「次の記事へ」「前の記事へ」を追加する。
※個別ページの場合には、複数形を抜いた「the_post_navigation()」を使う。

get_sidebar()
→ sidebar.phpテンプレートの読み込み

get_footer()
→ footer.phpテンプレートの読み込み